ALTI未来時間

京都アルティ弦楽四重奏団

2022年10月15日(土) 15時開演

インフォメーション

弦楽四重奏の最高峰日本を代表する一流ソリストの4人が奏でる極上の室内楽をご堪能ください。

 

京都アルティ弦楽四重奏団は、ヴァイオリニストの豊嶋泰嗣と矢部達哉、ヴィオリストの川本嘉子とチェリストの上村昇という4人の一流のソリスト達によって1998年に京都で結成された。

アルティの名前は彼らがレジデント・カルテットとして活動している京都府立府民ホール”アルティ”の名前を冠している。その活動は京都のみならず日本各地に広がっている。

ベートーヴェン弦楽四重奏曲を中心にモーツァルトやハイドン、ドヴォルザーク等弦楽四重奏曲を重要なレパートリーとし、曲によって第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが入れ替わるのが、このカルテットの大きな特徴で、彼らの実力の高さを物語っている。

室内楽の中心的存在である弦楽四重奏を、ソリストとして活動しながら、まとまりの良い演奏を展開していくのは至難の技だが、4人は一様に安定したテクニックを持ち、緻密さを保った中で自己主張しており、その音楽の表情にもデリカシーとニュアンスがあふれていて、結成以来ますます成熟し、名実ともに日本トップ弦楽四重奏団の一つとなった。

2008年、第28回音楽クリティック・クラブ賞受賞。

公演名  京都アルティ弦楽四重奏団
日時  2022年10月15日(土) 15時開演
会場 京都府立府民ホール アルティ
出演  矢部達哉(Vn)、豊嶋泰嗣(Vn)、
川本嘉子(Va)、上村 昇(Vc)
プログラム  モーツァルト:弦楽四重奏曲第19番 ハ長調 K.465「不協和音」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 Op.59-1「ラズモフスキー第1番」
料金

【全席指定・税込】
一般前売:A席ドリンク付き5,700円(アルティメイト優待価格:4,700円)

     B席一般4,700円(アルティメイト優待価格:3,700円)
学生前売:B席学生3,200円(アルティメイト優待価格:2,700円)
アルティメイト会員詳細へ
※当日500円UP

チケット取扱 京都府立府民ホール  075-441-1414
ローソンチケット  0570-000-777(Lコード:52616)
チケット発売日 アルティメイト優先発売 6月18日(土)10時~
一般発売 6月25日(土)10時~
お問合せ 京都府立府民ホール  075-441-1414
(9時~18時/第1・第3月曜日休館)
主催  京都府・創<公益財団法人京都文化財団・株式会社コングレ共同事業体>
【京都府舞台芸術振興・次世代体験推進事業】

プロフィール

上村 昇(チェロ)

1977年第46回日本音楽コンクール第1位。第6回カサド国際チェロ・コンクール第1位優勝。1983年第1回京都府文化賞新人賞受賞。2001年第19回京都府文化賞功労賞受賞。現在、京都市立芸術大学名誉教授、桐朋学園大学特任教授、大阪音楽大学特別教授、京都市文化功労者。

 

矢部 達哉(ヴァイオリン)

日本の楽壇を代表するヴァイオリニストの一人。長年に亘り東京都交響楽団ソロ・コンサートマスターを務め、また室内楽やソリストとしても活躍中。94年度第5回出光音楽賞、平成8年度村松賞、96年第1回ホテルオークラ音楽賞受賞。ソニークラシカル、オクタヴィア・レコードよりCDが発売されている。

 

川本 嘉子(ヴィオラ)

1992年ジュネーヴ国際コンクール・ヴィオラ部門で最高位。91年東京都交響楽団に入団。99年~01年まで首席奏者を務める。室内楽ではアルゲリッチ、バシュメット等世界一流のソリスト達と共演。ソリストとしてガリー・ベルディーニ、フルネなど著名な指揮者と共演し絶賛を博す。2017年~21年3月までNHK交響楽団の首席客演ヴィオラ奏者を務める。

 

豊嶋 泰嗣(ヴァイオリン)

新日本フィル桂冠名誉コンサートマスター、九州交響楽団桂冠コンサートマスター、兵庫県立芸術文化センター管コンサートマスター、京都市交響楽団特別名誉友情コンサートマスター。またサイトウ・キネン・オーケストラや水戸室内管でもコンサートマスターを務めている。京都市立芸術大学教授。

ページトップへ