ALTI芸術劇場 Vol.34

すごいジャズには理由(ワケ)がある Part3

フィリップ・ストレンジ×岡田暁生

日時:5月13日 (土)

インフォメーション

ジャズを彩るリズム、メロディー、ハーモニーや、即興演奏で湧き出る音の不思議。すごいジャズには、ちゃんと理由(ワケ)があるんです。

ジャズピアニストのフィリップ・ストレンジさんと、フィリップ氏に弟子入りした音楽評論家の岡田暁生さんが、みなさんをジャズの世界に誘います。

今回Part3では、ドラムスの齋藤洋平さん、ベースの荒玉哲郎さんをお迎えし、フィリップ・ストレンジ トリオと楽しいトークでジャズの魅力をお送りします。

ジャズ初心者の方も、ジャズ大好きの方も、どうぞお楽しみに。

公演名

すごいジャズには理由(ワケ)があるPart3

日時  2017年5月13日 (土) 14:00開演 (13:30開場)
会場 京都府立府民ホール アルティ
演奏  フィリップ・ストレンジ トリオ
 ピアノ:フィリップ・ストレンジ
 ドラムス:齋藤 洋平
 ベース:荒玉 哲郎
お話  岡田暁生(音楽学者)
曲目  Take5、枯葉、In your own sweet way
 ※変更の可能性あり
料金

【全席自由・税込】
 一般前売:3500円(アルティメイト優待価格:3000円)
 学生前売:2000円(アルティメイト優待価格:1500円)
 アルティメイト会員詳細へ
 ※当日500円UP

 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

チケット取扱

 京都府立府民ホール“アルティ”  075-441-1414
 京都府立文化芸術会館  075-222-1046
 ローソンチケット  0570-000-777(Lコード:54417)

チケット発売日  2月11日(土)10時
お問合せ  京都府立府民ホール“アルティ”  075-441-1414
(9時~18時/第1・第3月曜日休館)
主催

 京都府・創<(公財)京都文化財団・(株)コングレ共同事業体>

【京都府舞台芸術振興・次世代体験推進事業】

共催  京都大学人文科学研究所

プロフィール

フィリップ・ストレンジ(ピアノ)

Phillip STRANGE

34-f1960年テキサス生まれ。グレン・ミラー・オーケストラのメンバーとして1988年に初来日、10年間甲陽音楽院(神戸)で教鞭をとった後、1999年より奨学金給費特別研究員としてマイアミ大学に招かれる。2003年にキース・ジャレットの即興についての論文で博士号を得る。2005年までマイアミ大学講師(ジャズ・ピアノ)。マイアミ時代にはダウンビート誌よりBest Instrumental Jazz Solist (2002, 2003)、Best Jazz Original Composition (2002)、Best Jazz Instrumental Group (2001)を受賞。クレア・フィッシャー、ヴィンス・マッジョらに師事。ジョー・ヘンダーソン、ルー・タバキン、デーブ・ホランド、ピーター・アースキン、マーク・ジョンソン、ジェームス・ムーディー、ケビン・マホガニーらと共演。リリースCD多数。

 

齋藤洋平(ドラムス)

Youhei SAITO

34-s島根県出身。京都アンミュージックスクールにてドラムを池長一美氏、坂東等氏に師事。
サードハードオーケストラに参加 山野ビッグバンドコンテストにてスイングジャーナル社賞を受賞。2010年 高橋知道、大友孝彰らと日本人として初めて米国ニューオリンズで開催されたフレンチクウォーター フェスティバルに出演。現在、篠崎雅史バンド、横尾BB、 MYMトリオ、トーティーシェル、、BONEOLOGY等のバンドで活動中。

 

荒玉哲郎(ベース)

Tetsuro ARATAMA

34-d87年 竹下清志氏のグループに参加しミッキー・ロウカーやオテロ・モリノウらと共演。94年 単身渡米、帰国後は綾戸智絵をはじめ様々なレコーディングに参加。05年 アルゼンチンを訪問し大統領官邸にて演奏会を行い好評を博す。08年 ドイツ総領事の招待によりデュッセルドルフ等四カ所で演奏会を行う。09年 全曲オリジナルのリーダーアルバム「REZA(ヘーザ)」を発表。11年 ウラジオストク・ジャズ・フェスティバルに出演。13年 なにわ藝術祭ジャズ大賞を受賞。現在はジャズのみならずブラジル音楽やアルゼンチン音楽などのグループで活動する一方、大阪芸術大学にて後進の育成にも力を注いでいる。

 

岡田暁生(お話)

Akeo OKADA

34-o1960年京都生まれ。現在京都大学人文科学研究所教授。文学博士。著書『音楽の聴き方』(中公新書、2009年、吉田秀和賞受賞、2009年度新書大賞第三位)、『ピアニストになりたい-19世紀 もう一つの音楽史』(春秋社、2008年、芸術選奨新人賞)、『西洋音楽史』(中公新書、2005年/韓国版、2009年)、『オペラの運命』(中公新書、2001年、サントリー学芸賞受賞)など。『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』(NHK)など、テレビ出演も多数。近刊に『リヒャルト・シュトラウス』(音楽之友社)、『すごいジャズには理由がある』(アルテス)など

 

ページトップへ