ALTI芸術劇場 Vol.42

すごいジャズには理由がある Part4

フィリップ・ストレンジ×岡田暁生

2018年5月12日(土)14:00開演(13:30開場)

インフォメーション

ジャズってどう楽しむの? どういう聴きどころがあるの?

ジャズを彩るリズム、メロディー、ハーモニーや、即興演奏で湧き出る音の不思議。すごいジャズには、ちゃんと理由(わけ)があるんです。

ジャズピアニストのフィリップ・ストレンジさんと、フィリップさんに弟子入りした音楽評論家の岡田暁生さんが、みなさんをジャズの世界に誘います。

毎年大人気の本企画。4回目となる今回は、大阪を拠点に世界で活躍している実力派ジャズシンガーのロアナ・シフラさんをお迎えして、楽しいトークと本格的な演奏と歌でジャズの魅力を存分にお届けします。

ジャズ初心者の方も、ジャズ大好きの方も、どうぞお楽しみに!

公演名

ALTI芸術劇場Vol.42

フィリップ・ストレンジ×岡田暁生

すごいジャズには理由がある Part4

日時 2018年5月12日(土)14:00開演(13:30開場)
会場 京都府立府民ホール アルティ
出演 ロアナ・シフラ(Vo)

フィリップ・ストレンジ(P)

岡田暁生(音楽学者)

プログラム ●You’d Be So Nice To Come Home To(帰ってくれたらうれしいわ)

●Lullaby of Birdland(バードランドの子守歌)

●In a Mellow Tone 他

公演当日のおもてなし 終演後に出演者と交流会実施
料金 【全席指定・税込】
一般前売:3,500円(アルティメイト優待価格:3,000円)
学生前売:2,000円(アルティメイト優待価格:1,500円)
アルティメイト会員詳細へ
※当日500円UP
チケット取扱 京都府立府民ホール  075-441-1414
京都府立文化芸術会館  075-222-1046
ローソンチケット  0570-000-777(Lコード:51874)
チケット発売日

アルティメイト優先発売:2018年2月4日(日)10時より

一般発売:2018年2月10日(土)10時より

お問合せ 京都府立府民ホール  075-441-1414
(9時~18時/第1・第3月曜日休館)
主催 京都府・創 <(公財)京都文化財団・(株)コングレ共同事業体>【京都府舞台芸術振興・次世代体験推進事業】
共催 京都大学人文科学研究所

プロフィール

ロアナロアナ・シフラ(ヴォーカル)Lorna Cifra

フィリピン・マニラ市生まれ。聖トマス大学(フィリピン)でコミュニケーションアートとジャーナリズムの学士を取得後、フィリピン大学でジャズ・ブルースを学ぶ。またニューヨークでは、Rudy Francisco、Trudi Mann、Millet Joseなど現地の一流アーティストに師事。約20年にわたり、フィリピンをはじめ香港、韓国、日本、アメリカなどで国際的な活動を続ける。一流ホテルや著名なライブハウスで歌っているほか、ヴォーカルレッスンやCMへの歌の提供、ヴォーカルコンテストの審査員など精力的に活動している。これまでに7枚のCDをリリース。現在は大阪を拠点に活動しており、感情豊かで圧巻の歌唱力と抜群のリズム感を持つ実力派シンガーとしてファンが多い。

 

34-fフィリップ・ストレンジ(ピアノ)Phillip STRANGE

1960年テキサス生まれ。グレン・ミラー・オーケストラのメンバーとして1988年に初来日、10年間甲陽音楽院(神戸)で教鞭をとった後、1999年より奨学金給費特別研究員としてマイアミ大学に招かれる。2003年にキース・ジャレットの即興についての論文で博士号を得る。2005年までマイアミ大学講師(ジャズ・ピアノ)。マイアミ時代にはダウンビート誌よりBest Instrumental Jazz Solist (2002, 2003)、Best Jazz Original Composition (2002)、Best Jazz Instrumental Group (2001)を受賞。クレア・フィッシャー、ヴィンス・マッジョらに師事。ジョー・ヘンダーソン、ルー・タバキン、デーブ・ホランド、ピーター・アースキン、マーク・ジョンソン、ジェームス・ムーディー、ケビン・マホガニーらと共演。リリースCD多数。

 

34-o岡田暁生(お話/音楽学者)Akeo OKADA

1960年京都生まれ。京都大学人文科学研究所教授。文学博士。著書に『音楽の聴き方』(中公新書、2009年、吉田秀和賞受賞、2009年度新書大賞第三位)、『ピアニストになりたい-19世紀 もう一つの音楽史』(春秋社、2008年、芸術選奨新人賞)、『西洋音楽史』(中公新書、2005年/韓国版、2009年)、『オペラの運命』(中公新書、2001年、サントリー学芸賞受賞)、2013年『恋愛哲学者モーツァルト」(新潮選書、四十雀賞受賞)など。『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』(NHK)など、テレビ出演も多数。近刊に『リヒャルト・シュトラウス』(音楽之友社)、『すごいジャズには理由がある』(アルテス)など 。

ページトップへ